成分

フィトリフトに美白効果あり!?成分を調べてわかったその特徴とは?

投稿日:

オールインワンジェルフィトリフトはハリアップ・たるみなどに効果があるとして有名ですが、美白効果についてはどうなのでしょうか?

 

フィトリフトに関しては美白についてよくわからないところがあります。

しかし、成分表示などを見れば美白効果がある成分があるのかないのかハッキリわかるはず!

 

そしてその成分がどの程度の効果があるのかもわかります!

ということでフィトリフトの成分からフィトリフトのどれくらいの美白効果があるのか調査してみましたのでどうぞご覧ください。

フィトリフトにはどれくらい美白効果はあるの!?

フィトリフトの美白成分調査!

美白成分と呼ばれるものがフィトリフトにいくつ入っているのか調べてみました。

フィトリフトに入っている美白成分はこれ↓↓↓

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC−IP)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルってなんとも長い名前ですよね。笑

別名『ビタミンC誘導体』と言われるものですね。

 

ビタミンC誘導体とは?

普段みんなが知っているビタミンCも別名で『L-アスコルビン酸』と呼ばれます。

また水溶性(水に溶ける)のビタミンということです。

ビタミンCはわかるけど誘導体ってなにって思いますよね?

実はビタミンCはとても不安定で壊れやすい成分なんです。というと、ビタミンCは酸化しやすい成分で肌に塗ってもすぐに酸化してしまい壊れます。食べ物として体内に摂取するのならばそのままでも効果があるのですが、化粧品としてしようするのであれば、ビタミンCとしての効果は発揮できません。

よって酸化しないように誘導体にしてあげる(化粧品として使えるように科学的に加工して安定性を高めてあげる)ということです。

つまりビタミンC誘導体とは化粧品に使えるようにしたビタミンCのことです。

フィトリフトで使われているビタミンC誘導体特徴とは?

『ビタミンC誘導体=テトラヘキシルデカン酸アスコルビル』

 

というのがわかったところで、フィトリフトの成分にちゃんと入っている『テトラヘキシルデカン酸アスコルビル』についてしっかり解説します。

 

名前が長いのでここからはビタミンC誘導体と言います。笑

 

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があり、フィトリフトのビタミンC誘導体は油溶性です。

 

油溶性の特徴

ポイント

  • 刺激が少ないので乾燥肌や敏感肌にも使えます
  • 食べ物で摂取するビタミンCに比べ約30倍の吸収能力がある
  • 肌に浸透するとその持続効果は43時間以上

これら以外にも油溶性のほうが水溶性に比べて肌に浸透しやすいという特徴もあります。

フィトリフトで使われているビタミンC誘導体にどれくらいの美白効果があるの?

フィトリフトのビタミンC誘導体の美白効果についてですが、ビタミンC誘導体はシミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、メラニンの沈着(色素沈着)を防ぐ効果があります。

 

メラニンの増加を防いでくれるということは肌のくすみにも効果があるということです。

肌のくすみが改善されれば、顔全体の明るさも出てきて結果的に美白効果につながるというわけですね。

また血行促進の効果もあるので肌のターンオーバーの正常化も期待できます。

肌のターンオーバーが正常化されればこれもまた美白効果につながります。

(新しい肌が正常に生成される→適切に皮が剥がれ落ちる→色素沈着がおこりにくい→美白)

まとめ

  • フィトリフトは美白効果のあるビタミンC誘導体がちゃんと入っている
  • ビタミンC誘導体にはその他にも毛穴の引き締めやニキビの予防などにも効果がある

 

フィトリフトに関する記事

フィトイフトの口コミを検証して発覚した3つの共通点とは?

購入前に見て!フィトリフト初回お試しキャンペーンの唯一のデメリット!

フィトリフト『ホットクレンジングジェル』の口コミを暴露!その評判とは?

 

 

-成分

Copyright© フィトリフトの口コミを検証して発覚した3つの共通点とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.