成分

フィトリフトの全成分からわかる危険性とその効果を暴露!

更新日:

オールインワンで有名なフィトリフトですが、成分に少しでも危険なものは入っていないのでしょうか?肌の弱い人などは成分などはとても気になるところですよね。

ということで、全成分を調べて危険なものは入っていないか?それによって起こりうる肌トラブルがあるのか?またその成分から得られる効果・効能とは一体なんなのか?調べてみたのでどうぞご覧ください。

フィトリフト成分表

水、BG、グリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、パントエアアグロメランス培養溶解質エキス(※1)、ハイブリッドローズ子房エキス(※2)、ダイズエキス、アセチルヒドロキシプロリン(※3)、アセチルヒアルロン酸Na(※4)、ヒアルロン酸Na(※5)、グルコシルセラミド(※7)、リンゴ果実培養細胞エキス(※8)、オリゴペプチド-24(※10)、アセチルデカペプチド-3(※9)、レチノイン酸トコフェリル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(※6)、白金(※11)、オウレンエキス、グリチルレチン酸ステアリル、アルギニン、ジメチコン、セテアリルグルコシド、カンテン、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、α-グルカン、キサンタンガム、レシチン、ポリソルベート80、トコフェロール、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

フィトリフトに危険な成分は入っている?

フィトリフトたくさんの美容成分が入っているのですが、正直成分表を見ても何がなんだかわかりません。たくさんある中から肌に良くないとされる成分は入っているのでしょうか?

細かく見ていきましょう。

ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

防腐剤として使われています。肝臓の免疫機能への毒性やアレルギーがありますが、日本ではいろんな化粧品に入っており、100g中0.02gまでと決められているそうです。

ポリソルベート80

非イオン活性剤です。安定した乳化物を簡単に作れるのでたくさんの化粧品に使われています。赤ちゃん用のシャンプーに使われるほどです。ポリソルベート80は皮膚刺激性はほぼありません、目に刺激性がある場合がありますが、アレルギー性などもほとんどないため、安全な成分として位置付けられています。

グリチルレチン酸ステアリル

ニキビケアなどの製品に使われるほどです。強い抗炎症成分です。

含有量が定められている成分ですが、これもまたたくさんの化粧品に使われます。皮膚刺激性やアレルギー性もなく副作用などの心配も極めて少ないです。

エチルヘキシルグリセリン

防腐剤を軽減するための抗菌作用、消臭作用のある成分です。

こちらも皮膚刺激性、ありませんが、眼への軽い刺激性があります。しかし、アレルギー性はないのでこちらも安全性の高い成分といえます。

 

怪しいとされる成分がいくつか入っていますが、きちんと含有量も守られており、フィトリフトは安全性の高い化粧品ということがわかります。

フィトリフトは専門誌で高い安全性と効果が?

香粧品化学研究開発専門誌『フレグランスジャーナル』において紹介されており、フィト発酵エキスは軽度のアトピー性皮膚炎に効果があったとされています。

3ヶ月間軽度の皮膚炎の女性にフィト発酵エキスの入った商品を使用してもらい、試験したところ半数が良くなったという結果になり、皮膚炎がひどくなったという人は1人もいなかったという結果になりました。それだけフィトリフトは高い安全性と効果が期待できると実証されています。

フィトリフトの成分からわかった得られる効果とは?

危険な成分がないとわかったところで、次に肌への効果です。

フィトリフトの成分は肌にどういった影響・効果を与えてくれるのでしょうか?

フィトリフトには肌に良い成分がたっぷり入っていて、99.7%が美容液成分です。

その中でも注目すべき成分が

  • 浸透性コラーゲン(※3) / 弾力
  • スーパーヒアルロン酸(※4) / 中から保湿
  • ヒアルロン酸(※5) / 外も保湿
  • ビタミンC誘導体(※6) / キメ
  • コメセラミド(※7) / 整肌
  • レチノイン酸トコフェリル / ハリ
  • リンゴ培養エキス(※8) / 弾力
  • リジュリン(※9) / FGF様
  • EDP3(※10) / EGF様
  • 白金ナノコロイド(※11) / エイジングケア

です。これらは特に豪華な美容液成分になっています。

そしてさらに!注目すべきが、フィトリフトが独自に開発したフィト発酵エキスと呼ばれるものです。

フィト発酵エキスとは?

フィト発酵エキスとは、パントエアアグロメランス培養溶解質エキスのことで、『パントエア菌』とアレルゲン性の低い『白たかきび』を発酵させて作られた植物性のエキスのことを言います。

 

パントエア菌→小麦や果物、土屋・草・木などに共生(きょうせい)していて、これらの成長を助けている役割を担っています。パントエア菌は普段私たちは食事でも常に口にしている菌です。

白たかきび→たかきびとは穀物の一種で、小麦の代用として使われることも多いものです。小麦アレルギーの人が増える中で、料理に代用品としてよく使われるのが、白たかきびでもあります。

 

フィト発酵エキスが肌に与える効果とは!?

フィト発酵エキスは微量でも免疫活性化効果を期待できます。

これは角質層よりもさらに奥まで浸透してくれることによって、強力なエイジングケアが期待できるというわけです。

エイジングケアはプラセンタの2倍、ヒアルロン酸の6.14倍、コラーゲンの3.13倍と言われています。

 

フィトリフトは全国のいろんな医療機関でも使用されており、医学的にも良いとされている化粧品です。

たくさんの芸能人やネットでも評価の高いフィトリフト。1度は試して見る価値ありですね!

 

フィトリフトに関する記事

フィトリフトの口コミを検証して発覚した3つの共通点とは?

フィトリフトの初回お試しキャンペーンのデメリットとは?

-成分

Copyright© フィトリフトの口コミを検証して発覚した3つの共通点とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.